トップページ > Jars

自然の美しさを表す色
土や空、雲、花や葉や果実、海…まるで自然の中から抜け出たようなナチュラルな色合い。この発色はジャスならではの特徴です。
そして釉薬の美しい色使いと配合は門外不出の技術として職人に受け継がれています。仕上げの釉薬がけは、この職人たちにより1枚ずつ行われています。釉薬がけの技術と、釜の温度の微妙な調整により偶然にも生み出された模様は、表情のある器を作り出しています。同じ器でもそれぞれ表情がございます。是非その違いをお楽しみください。


JARS社とは?
ピエール・ジャス氏によって1857年に設立されたJARS社は、1900年のパリ万国博覧会にてグランプリを受賞しました。以後、ピエール氏の「実用的なものを美しく」という理念のもとに食器を作り続けています。陶土ほか原材料を厳選し、職人の手によってひとつひとつ丁寧に製造されています。
※Jarsに関するより詳しい情報はこちらをご覧ください。


10 件中 1-10 件表示 

Epure

Epure

JARSのニューフェース、エピュール。 実用性と美しさを兼ね備えた、幅広く活用できる新シリーズです。
Epure SAMOA

Epure SAMOA

エピュールシリーズのデザインのボウル。チェリーテラスオリジナルです。
Tourron

Tourron

飽きのこない素朴でシンプルなフォルム。アボカドとオーベルジンの2色は合わせて使うと絶妙な相性です。

Poem

Poeme

シックでモダンなポエム。フランスらしいセンスのよい配色が食材を彩りよく見せてくれます。
Neige/Celeste

Neige/Celeste

ネージュは粉雪、セレストは夜空をイメージしジャスらしい白と黒を表現しました。
Vuelta

Vuelta

空、雲、海と自然の色を写した、シンプルなフォルムで使いやすい器。

Plume

Plume

釉薬の繊細な色合いと、やさしいウェーブの縁が特長です。ヴェルタとの組合わせもおすすめです。
Nenuphar

Nenuphar

オレンジ、チェリー、アボカド、レモンと果実の色から名付けられたネニュファーシリーズ。鮮やかな器で食卓を楽しく。
Madrague

Madrague

南仏の風を運んでくれるシリーズ。鮮やかで軽快な色合いが特徴です。キッチンや食卓に明るい雰囲気をプラスします。

花器

花器

器と同じ色で揃えられる一輪挿しなど、花器だけを飾っても美しく。

10 件中 1-10 件表示